青汁イメージ

タブレットタイプの青汁

青汁には色々なタイプがあります。
最近注目を集めているのは、サプリメントタイプ。
小さなタブレット状になっていて、何粒かパクッと手軽に食べることができます。
ゴクゴク飲む青汁を無理して続けるhttp://www.sinhalawebdirectory.com/3.htmlよりも、サプリメントタイプが良いかもしれません。
まさに「手軽さ」が、タブレット状の青汁の最大のメリットですね。
おいしく飲みやすい味に改良された青汁商品もあります。
実際にどんな人気サプリメントがあるのか、例を挙げてみました。

■ゴーヤ、 大麦若葉が主体の青汁サプリメント

某メーカーのこのサプリメントは、抹茶の風味http://www.rotary-chula.org/oomu.htmlがほのかに香り「とても美味しい」と人気の青汁です。
フラクトオリゴ糖配合で甘みもあり、「苦いのがどうしても嫌」という方にはぴったりでしょう。
ただしオリゴ糖は糖分なので、「青汁で一切糖分を摂取したくない」という方にはオススメしません。

他にも、こんな特徴があります。

・ビタミン、ミネラル、食物繊維は粉末青汁に負けず劣らず!
・レタスの5倍の食物繊維を誇る大麦若葉、ビタミンたっぷりのゴーヤ
・うれしい国産野菜をタネごと、まるごと使用
・オリゴ糖は善玉菌を増やしてくれるので胃腸にやさしい

■ケール、長命草が主原料のサプリメント

独特の青臭さ、苦味が特徴のケールhttp://www.openrooffilms.com/gennryou.html
栄養価が高く、青汁によく使用されていますが飲みづらいのも事実です。
そんなケールもタブレット状なら問題なく摂取できるので、某メーカーのサプリメントは大人気となっています。

・栄養価は妥協せず、ビタミン、ミネラル、食物繊維の配合量は粉末青汁に勝る
・すべて国産原料、ケール、長命草だけでなく八女クロレラも使用
・満足できなければ、15日以内に連絡すれば返金してくれる(初回のみ)

サプリメントタイプの青汁には、それ以外のタイプの青汁と同じく注意点もあります。
価格や手軽さだけで選ぶのではなく、以下の点に気を配りましょう。

・国産原料であるか
・有機栽培(オーガニック)の表示があるか
・無添加であるか
・栄養素は十分に含まれているか

製品によっては、1日分の青汁サプリメントを摂取しても、ゴクゴク飲むタイプの青汁の「10分の1以下の栄養素しか摂取できない」物もあります。
タブレット状の青汁がいくら手軽だとしても、粗末な栄養しか摂り入れられないとしたら、あまり意味がないかもしれません。

加えて、着色料、保存料などの添加物が含まれている物は避けましょう。
また、「ステアリン酸カルシウム」という添加物は粉末よりもタブレットタイプの青汁に使われることが多いです。
離型剤、増粘安定剤、固結防止の作用があるため添加されていますが、アレルギー反応、興奮などの副作用が見られる可能性があるため、注意しましょう。

Copyright(C) 2013-2016 野菜を摂ろう.com All Rights Reserved.