青汁イメージ

フリーズドライ・スプレードライ製法

皆さんはどんなタイプの青汁http://www.radcribs.com/bej.htmlが好きですか?手軽なタブレットタイプ、食物繊維をたっぷり摂れるゼリータイプなど、様々なタイプがあります。
しかし一番手軽な青汁として人気なのは、やっぱり「粉末タイプ」でしょう。
保存が効き、スティック状になっていてカバンに入れて持ち運べるので便利ですよね。
粉末タイプの青汁の中でもオススメhttp://www.nabilonline.net/crafts.htmなのは、「フリーズドライ」や「スプレードライ」と呼ばれる製法の青汁です。
これらの製法にはどんなメリットがあるのでしょうか?

■フリーズドライの青汁とは

ケールや大麦若葉などの葉を絞ったジュースを、急速冷凍http://ranking.qpd.jp/type.htmlさせます。
さらにそれを減圧し、真空状態で乾燥させてから、パウダー状に加工します。
熱風で乾燥させて粉末にするタイプに比べて、酵素やビタミンなどが破壊されにくいのが特徴です。
フリーズドライの青汁は栄養素をまるごと摂れる青汁として人気です。
ただし、飲む前に水で溶かす際、少しダマになることがあります。
また、製品によっては「のどごしがザラッとしていてあまり良くない」という声も見受けられます。
それでも、栄養がぎゅっと詰まっていると思えば大したことはありません。

■スプレードライの青汁とは

これは、絞った青汁を高さ十数メートルのタワーから霧状に噴射し、瞬間的に温風を当てて水分のみを蒸発させる製法です。
この製法はまだとても珍しく、某メーカーが独自に始めた画期的な製法として注目されています。
スプレードライ(低温噴霧乾燥)は、温度、風圧、風量、時間のどの部分においてもわずかな狂いがあると、素材の活性が低下したり、均一の商品をつくり出せないという特徴があります。
非常にデリケートな製法と言えるでしょう。
スプレードライタイプの青汁は、「水に溶かしてもダマになりにくくスッと溶ける」という特徴があります。
この点ではフリーズドライの青汁より飲みやすいと言えるでしょう。

これらの非加熱製法の青汁は、非常にコストがかかっているため数ある青汁の中で単価は高めです。
平均的な価格としては、一杯あたり100円〜130円の製品が一般的でしょう。
製法の異なるもっと低価格の青汁(一杯あたり20円など)もありますが、青汁の栄養価を重視するならフリーズドライやスプレードライなど、製法にこだわったメーカーで選ぶのが良いでしょう。

フリーズドライ、スプレードライタイプの青汁は素材の「栄養素をまるごと摂取しやすい」というメリットがあります。
長く続けるものですから、品質の良いものを選んでいきたいですね。
製法によって酵素やビタミンが破壊されてしまった青汁には、あとからビタミンなどを添加しているものもあります。
野菜そのものから栄養補給したい、青汁にはダイエットに特化した商品が良い!と思う人は、ぜひフリーズドライ、あるいはスプレードライ製法の青汁をオススメします。

http://www.mexicosiemprefiel.com/otameshi.htmでも紹介されているように、多くのメーカーでお試し価格で売られていますので、まずはそちらを試してみましょう。

Copyright(C) 2013-2016 野菜を摂ろう.com All Rights Reserved.