青汁イメージ

青汁ドリンクのオススメレシピ

青汁は健康に良いと分かっていても…「毎日同じ味だと飽きてしまう!」という方もいます。
定番の粉末タイプの青汁でも、時には変化を持たせて楽しく続けていきたいですね。
ここに厳選した5つの簡単ドリンクレシピをご紹介します。

青汁とバナナ、ココナッツオイルの濃厚ドリンク

■材料(1人分)

青汁…粉末スティック1本
バナナ…1本
豆乳…200cc
ココナッツオイル…小さじ2

■作り方&ポイント

すべてをミキサーに投入して混ぜ、グラスに注げば完成!冷え冷えが飲みたい方は、「凍らせたバナナ」を使うと冷たくて美味しいですよ。
ココナッツの香りが甘く漂い、バナナと豆乳で腹持ちも抜群です。
小腹が空いた時や朝食の代わりにオススメのドリンクです。

きな粉と黒ごまの風味 青汁和風ドリンク

■材料(1人分)

青汁…粉末スティック1本
豆乳…200cc
きな粉…小さじ1
黒ごま…小さじ1
ハチミツ…小さじ1

■作り方&ポイント

すべてを大きめのカップに入れてよく混ぜるだけ。
こぼれないように優しく混ぜてください。
シェーカーをお持ちの方は、シェーカーに入れてシェイクするとより滑らかに混ざり合います。
青汁の苦味や臭みも、きな粉と黒ごまの風味ですっかりかき消されるから不思議。
ハチミツのまろやかな甘さも青汁と相性よし!まるで抹茶のドリンクを飲んでいるような感覚になります。

メープルシロップとコーヒーで不思議な青汁ドリンク

■材料(1人分)

青汁…粉末スティック1本
豆乳…200cc
メープルシロップ…大さじ1
インスタントコーヒー…小さじ1

■作り方&ポイント

コーヒーをカップの中に入れ、大さじ1のお湯で溶かしておきます。
豆乳と青汁を注いでよく混ぜ合わせ、最後にメープルシロップを入れたら出来上がり。
コーヒーとメープルの香りが青汁の香りと混ざり合い、何とも大人のテイストに仕上がりました。
これはハマります。
甘くないのが好きな方はメープルシロップがなくても良いかもしれません。

さわやかミントの青汁ドリンク

■材料(1人分)

青汁…粉末スティック1本
ペパーミント…小さじ1
ハチミツ…小さじ1
レモン汁…大さじ1
冷水…150cc

■作り方&ポイント

青汁、ペパーミント、ハチミツ、レモン汁をグラスに入れてよく混ぜ合わせます。
そこに冷水を注ぎかき混ぜ、さらに氷を入れて出来上がり。
スカッとしたい気分の時に、ペパーミントのスースー感がたまりません。
青汁の苦味が良いアクセントになっています。
炭酸よりも普通の水の方が美味しく飲めます。
ペパーミントは生の葉っぱでも、瓶に入っているドライタイプでも、どちらでも美味しいです。

青汁と生姜のホットドリンク

■材料(1人分)

青汁…粉末スティック1本
牛乳…200cc
きな粉…小さじ1
生姜…小さじ1/2
ハチミツ…小さじ1
オリーブオイル…小さじ2

■作り方&ポイント

青汁、きな粉、生姜、ハチミツ、オリーブオイルをカップに入れてよく混ぜます。
温めた牛乳をゆっくり注ぎ、全体を混ぜ混ぜ。
青汁のビタミンCが壊れるのが気になる方は、100度以上に温めずに80度以下に温めた牛乳をオススメします。
このホットドリンクhttp://www.ishigaki-island.jp/hoxtuto.htmlは、生姜の効果で身体を優しく温めてくれるだけでなく、青汁ときな粉の食物繊維は便秘解消に効果的です。
ハチミツとオリーブオイルで満足感もUP!

いかがでしたか?少しの工夫でいつもの青汁がオシャレなドリンクに早変わりしますね。
もちろん、普段はそのまま青汁を飲むほうが、糖分、脂質を余分に摂らずに済みますが、青汁ドリンクを朝食の代わりにするなど、「青汁に満足感を足したい」時はオススメです。
豆乳や牛乳、ハチミツやきな粉は青汁と相性が良いようですね。
ただし、注意も1つ。
青汁ドリンクは飲みやすいので、ゴクゴク飲み過ぎてしまうことのないよう気をつけましょう。
記載された1日あたりの摂取量を守って、青汁を飲む習慣を続けていきましょう。

こちらhttp://www.greatlakescichlidsociety.net/woman.htmlには、女性におすすめの製品、男性におすすめの製品がそれぞれ紹介されています。
男女共に同じ商品を飲むのも良いですが、女性なら便秘やむくみが解消できる成分が含まれている青汁、男性なら薄毛に効果があるものを飲む方が良いと思います。

Copyright(C) 2013-2016 野菜を摂ろう.com All Rights Reserved.