青汁イメージ

青汁専門店って知ってる?

こだわりの素材だけを使用した青汁を、心をこめて販売している「青汁専門店」をご存知ですか?
青汁について詳しく知りたい!という方や、インターネットで買って失敗したら嫌だな…という方は、一度足を運んでみることをオススメします。

銀座A店

■こだわりポイント

実際に見てみると、青汁ひとすじの老舗というだけあって、建物もレトロなあたたかい雰囲気です。
青汁スタンドで飲むことのできる生ジュースや、購入できる粉末タイプの青汁はすべて「ケール」100%で作られています。
岡山、山梨の指定農園で完全オーガニック栽培を実現。
添加物は一切加えていません。
品質維持のため、ケールの大量生産は行なっておらず、小規模な農園で心をこめて生産しています。

■青汁の味わい

ケール100%なので、独特の臭みや苦味が気になるところですが、ケールは季節ごとに味が違うって知っていましたか?冬に味わえるケールは比較的甘め。
夏のケールは苦めとのことです。
特に冬は、苦味が少なく飲みやすいスッキリとした青汁を味わうことができるでしょう。
「初めてケールの青汁を飲む」という方は冬がオススメです。

生の青汁は、1杯分で200〜250gのケールを使用しています。
1日に必要としている野菜は350gですから、この青汁1杯でかなりの量を摂取できることが分かりますね。

■価格はどれくらい?

その場でしぼってくれる生の青汁は、お持ち帰りもできます。
小さなコップに1杯260円、大きめのコップに1杯520円。
甘みなど一切加えていないので、ケールそのものの独特な味わいを楽しめます。
青汁大好き!という方は回数券を買って、さらにお得に飲むこともできます。

生の青汁の他に、店内では乾燥青汁製品を購入できます。
海外発送もしてくれるとのこと。
試飲もさせてもらえます。
粉末タイプの青汁は、飲みたい時に水に溶かしてすぐ飲めるので便利ですね。
価格は小袋30個入が3,500円、小袋30個入×20袋の大箱が59,000 円です。
品質の良い青汁なのにリーズナブルな価格です。
粉末の青汁はお菓子作りにも利用できるので、お子様にもおすすめです。

自由が丘B店

こちらはオシャレな佇まい、洗練された店内のラインナップはセンス抜群です。
青汁そのものだけでなく、青汁から作った様々な商品を購入することができます。

■こだわりポイント

愛媛県産のケールを100%使用。
もちろん、オーガニック栽培を徹底しています。
1番のオリジナルポイントは「遠赤外線でケールを乾燥させる」という加工法。
そうすることで、必須アミノ酸やギャバが増加し、素材の栄養素、うまみを存分に引き出すことができるのです。

余分な物は一切添加せず、ケールのみを加工した青汁を、粉末タイプとタブレットタイプで楽しめます。
店内にはジューサーがあり、しぼりたてを試飲させてくれるのも嬉しいですね。
加えて、「ウコン」や「酵素」「黒ニンニク」をプラスした商品など、新しいタイプの青汁も積極的に開発しています。

■青汁、青汁アイスの味わい

うまみがぎゅっと詰まったケールは、コクがあって飲みごたえ十分です。
遠赤外線で乾燥させる加工法のおかげで、ケールの持っている良さを最大限に引き出しています。
青汁について聞いてみたいことがあれば、店員さんが優しく教えてくれます。

また、お店のオススメが「青汁アイス」です。
ミネラルたっぷりの「極楽糖」を使用し、大美伊豆牧場の新鮮ミルクと青汁の絶妙なコンビネーション。
甘過ぎず、あっさりと食べやすくて後をひきます。
青汁の臭みや苦味など全くないといって良いでしょう。

■価格はどれくらい?

ケール100%の粉末タイプの青汁は、たっぷり50杯分で3,200円。
これはとてもリーズナブルです。
ただし、1回分ずつ小包装になってはいません。
同じくケール100%の青汁のタブレットタイプは300粒入って2,960円です。
ウコンなど、他の成分をプラスした青汁はこの価格より少し高め。
今後もラインナップが増えていくでしょう。

まだまだ全国に青汁専門店は少なく、どちらかといえばインターネット販売が主流でしょう。
それせも、店舗には店舗の良さがあることが分かりました。
「心をこめて作った青汁をぜひ飲んで欲しい」という情熱が伝わってきます。
試飲があったり、品質やこだわりについてその場で質問できるのも良いですね。
ぜひ、1度は効果が期待できる青汁を求め、足を運んでみることをオススメします。

Copyright(C) 2013-2016 野菜を摂ろう.com All Rights Reserved.